毎日の暮らしをより上質するために整理が出来ること


by 石橋陽子

<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ご訪問頂き、有難うございます。

整理収納アドバイザーの石橋陽子です。

7月24日(日)整理収納アドバイザー2級認定講座を開催いたします。
山口県下松市 ザモール周南にて行いますよ~

これまでの受講生の方の感想
・とても楽しく、わかりやすい内容でした。1日が、あっという間でした。
・内容が濃いので、2日に分けてしていただきたいと感じました。
・早く帰って、整理をしたいです。本では、いろいろ読んでいましたが、習うと、そういうことだったのかと、とても腑に落ちました。
などなどご感想を頂いております。

受講後も、虹の文具館さまでの、無料語らいカフェに、足を運んで頂いています。学んだあと、家の中を意欲的に片づけられて、出てくる疑問なども、私に直接質問していただけると、好評を頂いております。


私が、整理収納アドバイザーとして働くことになったきっかけになったのも、この講座でした。
整理とは何か?
整理をする目的とは?などなど内容は盛りだくさん。
理論的に整理収納を学び、頭の中をすっきりして、身の回りを整理収納してみませんか?
今日も、一日、整理を学びたいとお考えの素敵な皆様とお会いできることを大変楽しみにしております。

今日も、素敵な1日をお過ごしください。
[PR]
by seiridaisuki | 2016-07-24 02:38 | 2級認定講座
b0176531_15161452.jpg
ご訪問頂き、有難うございます。

整理収納コーチ、看護師で、福祉用具専門相談員の資格取得講座担当講師の
石橋陽子です。

皆さん、突然ですが、トイレの間口、何センチですか?

「・・・・」

きっと、即答できる人は、いないんじゃないかと
思うんです。

では、トイレの入り口の扉は、引き戸?開き戸?さあ、どっち?

介護が必要になった時に、多くの人は、「自宅で」と望んでいますが、
果たして、みなさんの家の環境は、介護する時、される時に、適した環境でしょうか?

介護保険で、住宅改修という、項目があり、一生のうち、1度だけ、改修の時の費用を
介護保険が、一部出してくださるのですが、

その時に、うちは、トイレの入り口を改修しなければ、トイレで、車いすを使えないんです。
ああ~悲しい。

15年前に、家を建てたときに、知っていたら、絶対、絶対、広い間口にしていたし、
引き戸をつけられるように考えていたし、1階にフローリングで、リビングから近い所に、
将来を見据えて、介護用に、部屋を作っていたと、思います。

まあ、しなかった物は、仕方ないですが
そして、お風呂に行くまでの動線で、洗面所を通るのですが、また、洗面所の入り口が
狭い!!
だから、車いすで、お風呂に入りに行くことがこのままだと、出来ないんです。(´;ω;`)

あなたは、自宅で介護をうけたいと思いますか?もし、受けたいと思うなら、
お風呂と、トイレ、しっかりと考えて、計画を立ててくださいね。 
[PR]
by seiridaisuki | 2016-07-11 15:17 | 介護と整理収納