毎日の暮らしをより上質するために整理が出来ること


by 石橋陽子

カテゴリ:介護と整理収納( 7 )

ご訪問頂き、有難うございます。

ニチイ学館介護初任者研修講師で、整理収納コーチの石橋陽子です。

今日は、介護の現場で大事にされているその人らしさと、物との関係について

お話をさせて頂きたいと思います。

2025年団塊世代の方が、75歳以上の後期高齢者になり、認知症の人で、介護が必要になる人は

高齢者の5人に1人と言われています。

今年は2016年です。あと、9年で、その時はやってきます。

自分が認知症になったら、家族が認知症になったら、と考えたことは有りますか?

認知症になったら、全てがわからなくなるわけではなく、感情の部分はしっかり残ると言われています。

その人らしさは、ずっと認知症になっても、生き続けていくのです。

では、認知症になった時の、自分と、あるいは家族の為に今から備えておくことが

有るのです。

それは、自分のお気に入りの物の整理です。

認知症になる前から、60年間以上ずっとすぐあなたの近くにあるなじみのモノ達。

それらは、あなたと家族が認知症になった時も、あなたと家族を支えてくれる、心の支えに

なるでしょう。

すでにやめてしまった、趣味のモノも、あなたの大事な支援になります。

例えば

・釣りが好きな人は、釣り道具を整理して、眺めて楽しめるように、ご準備を。

・読書がすきな方は、好きなお気に入りの本を

・編み物や、洋裁が好きな方は、布や、毛糸、関連する本など道具を整理して

・押し花が好きな人は、草花や、関連する雑誌などの整理

・車が好きな人は、車の本や、雑誌、関連する物を整理して

・新聞の切り抜きがずっと趣味の人は、切り抜きを整理して。

例え、そのものが出来なくても良いんです。本が読めなくても、本を持って、眺めているだけで、

心が落ち着いてくるのです。

あなたを落ち着かせてくれるものは、何ですか?

使わなくなった物を捨てるのではなく、活かす方法が有ります。

あなたの人生の歴史を大事に少しずつ、とっておき、その時の為に準備を
b0176531_681081.jpg
しておきましょう。
[PR]
by seiridaisuki | 2016-10-07 06:09 | 介護と整理収納
b0176531_15161452.jpg
ご訪問頂き、有難うございます。

整理収納コーチ、看護師で、福祉用具専門相談員の資格取得講座担当講師の
石橋陽子です。

皆さん、突然ですが、トイレの間口、何センチですか?

「・・・・」

きっと、即答できる人は、いないんじゃないかと
思うんです。

では、トイレの入り口の扉は、引き戸?開き戸?さあ、どっち?

介護が必要になった時に、多くの人は、「自宅で」と望んでいますが、
果たして、みなさんの家の環境は、介護する時、される時に、適した環境でしょうか?

介護保険で、住宅改修という、項目があり、一生のうち、1度だけ、改修の時の費用を
介護保険が、一部出してくださるのですが、

その時に、うちは、トイレの入り口を改修しなければ、トイレで、車いすを使えないんです。
ああ~悲しい。

15年前に、家を建てたときに、知っていたら、絶対、絶対、広い間口にしていたし、
引き戸をつけられるように考えていたし、1階にフローリングで、リビングから近い所に、
将来を見据えて、介護用に、部屋を作っていたと、思います。

まあ、しなかった物は、仕方ないですが
そして、お風呂に行くまでの動線で、洗面所を通るのですが、また、洗面所の入り口が
狭い!!
だから、車いすで、お風呂に入りに行くことがこのままだと、出来ないんです。(´;ω;`)

あなたは、自宅で介護をうけたいと思いますか?もし、受けたいと思うなら、
お風呂と、トイレ、しっかりと考えて、計画を立ててくださいね。 
[PR]
by seiridaisuki | 2016-07-11 15:17 | 介護と整理収納

介護の日のイベント

今日は介護の日のイベントで整理収納講座でした。大盛況で無事終了しました。参加してくださった皆さんありがとうございました。b0176531_1833389.jpg
[PR]
by seiridaisuki | 2015-11-15 18:04 | 介護と整理収納
ご訪問頂き、有難うございます。

整理収納コーチで、ニチイ学館講師で、看護師の石橋陽子です。

介護の日っていう日が有るのをご存知ですか?

11月11日は、「介護の日」。「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」

介護に携わっていらっしゃる皆様、いつも大変ご苦労様です。

山口県下松市の、地域交流センターにて

介護の日記念イベントが「楽」をキーワードに

11月15日(日)に行われます。

b0176531_9381843.jpg


「音楽」磯村靖之さん(盲目のピアニストさん)のピアノコンサートや、

「音楽」MIKKOさんのコンサート

「安楽」認知症サポーター養成講座

「安楽」石橋陽子の整理収納講座が行われます。

「楽」がキーワード

他にも、

介護機器の展示

介護相談

図書販売

就職相談

進学相談

介護食の試食

カイロプラクティック

などが行われます。

私は特にコンサートと、認知症サポーター養成講座、介護機器の展示と、介護食の試食が気になります。

介護食って、年々進化していますから、今の技術を見られるって、中々できない経験です。

事前のお申し込みが出来ますので、

0833-71-3090 特別養護老人ホーム光富士白苑 濱田のり子さん までお申込みください
[PR]
by seiridaisuki | 2015-10-16 04:17 | 介護と整理収納
ご訪問有難うございます

整理収納アドバイザー+看護師の石橋陽子です

ニチイ学館で介護職員初任者研修の講師をしています。

シルバー人材センターの講座にて、

10時から、16時の間、整理収納についての講義を山口県内の

色々な場所でさせて頂きました。


整理収納は、奥歯深いですね。

整理収納アドバイザー2級認定講座以外での、

長時間の講座は初めてでしたが、

あっという間に終わりました。

また、長時間の整理収納セミナーが出来たら嬉しいな

と感じた講座でした。

高齢者の為の整理収納セミナーも行っております。

高齢者の身体の知識も交えながら、

整理収納のお話をさせて頂きます。

ご興味ある方は、ご連絡ください
[PR]
by seiridaisuki | 2014-09-27 20:28 | 介護と整理収納
御訪問頂き、有難うございます。

ニチイ学館の講師、

整理収納アドバイザー、

整理収納コーチ

の石橋陽子です。

先日、知り合いのケアマネージャーさんから、

山口市にある、

夢のみずうみ村に行ったことが有るか

聴かれました。

「バリア有り―」のよくテレビでも紹介される、

有名なデイサービスの施設です。

テレビでは、見た事が有るのですが、

行ったことは有りませんでした。

一度見たいと思っていましたので

行って来ました。


整理収納アドバイザーとしての私としては、

バリア有り―って、何処までバリア有り―なのかしら?

と興味津津で、行って来ました。


「もしかして、整理されてなくても、片づいていなくても、

快適に過ごす事が出来る環境なのかな?」

とか、いろいろ妄想しながら、

私の友達のケアマネージャーのJちゃんと

一緒に見学に行きました。


施設について、水先案内人の施設の御利用者様から、

詳しく、分かりやすい説明を頂きながら、施設の中を

一周回りました。


階段の手すりは、短く切られていたり、

廊下に石油ストーブが置いてあったり、

廊下の壁際には、ずら―っと

ほとんど途切れることなくタンスや、ソファーが並んでいます。

物は多いですが、

無駄な物、使わない物は、無い

というのが、実感です。

リハビリや、レクレーションの物は、置いてありましたが、

使わない物は置いてありません。

やっぱり、きちんと整理収納がして有ります。


だから、物は多いけれど、安全で、人が探し物をしないように、

考えられていました。

整理収納されてましたよ。


整理収納の現場に行くと、もっともっと

めちゃめちゃバリア有り―です。

使わない物で、溢れています。

施設内は、皆さん、車いすの方、

杖、シルバーカー、歩行器を使って、

移動されておられました。

とてもスムースに、道幅は、せまいですが

滞っている所は有りませんでした。


そして、床には、物は、ほとんど落ちていませんでした。

ですが、

壁にとても多くの掲示物が飾ってあります。

そのほとんどは、押しピンでした。

床には、押しピンが落ちていないので、

職員の方が

気をつけていらっしゃるのだと感じました。


あえて、バリアと呼ぶとしたら、

タンスなどの家具や、ストーブ

ソファーテーブル、椅子等でしょうか。

電気コードなどが、

床を通っている所は、無く、

家具は多いけれど、

物は整理され、

定位置管理、

ラベル管理、

使用頻度に添って、

物が置かれていました。


バリア有りーとは言っても、

余分な物は、置いてませんでした。


という事は、

ご自宅の中でも、

バリアをなくすためには、

改築するより、先に、

物の整理が大事だと、

夢のみずうみ村で

再確認させて頂きました。


スタッフの皆さま、

水先案内をして下さった○○様

有難うございました。
[PR]
by seiridaisuki | 2014-02-27 11:45 | 介護と整理収納
御訪問頂き、有難うございます。

整理収納コーチの石橋陽子です。

皆さん、入院って、経験ありますか?

突然、「はい、では、入院です」

「ご本人様は、このまま入院。帰れません。御家族の方が入院の用意をして下さい」

と言われます。多分。私は、こう言われました。大概、こうなると思います。


ということはですね・・・・

着替えや、身の回りの必要物品は、誰かが、家の中に入って持ってくる事になります。

最近、ある、場所で、御年配の女性の1人暮らしの片の所に、別にお暮らしの息子さんが
やってきて、「お母さん、○○やら、○○は、一体、家の中の何処に有るんかね?」

と言われておられました。ご本人さんは、自分の家に自分がいない時に、入られて、
引き出しを開けられる事に、息子さんと言えども、とても抵抗がある御様子。

「ええっちゃ、ええっちゃ。はいらんでええ」

と言われたました。

あなたがお一人で暮らしておられる方で、知人が家の中に入っても大丈夫ですか?
何処に何があるか、分かる状態でしょうか?

入院は、ある日突然やって来ます。前触れや、予告は有りません。

いつかの時の為に、今から、御準備を。

そんな時の為に役立つ整理収納セミナーを
ザモール周南星プラザ教室で行います。

1月26日(日)13:00~15:00
知って楽する 介護の整理収納術

ニチイ学館にて、非常勤講師をしております、看護師資格を持つ整理収納コーチの
石橋陽子と一緒に、楽になる整理収納を学びましょう。

お問い合わせ、お申し込みは、

山口新聞 星プラザカルチャーセンター
ザモール周南星プラザ3階
0833-45-1100

受講料 
一般:2,500円
会員:2,000円

お会いできる事を楽しみにしております。
[PR]
by seiridaisuki | 2013-12-05 11:01 | 介護と整理収納